ごあいさつ

このたび仕事が趣味となり、開店致しました。在職40年のうち約20年間の鉄スクラップ需給調査で得た知見を活かして、少しでも社会に役立てるようにと思いをはせつつ、地に足がついた調査をすすめます。

林 誠一の略歴

1944年1月 生まれ
1966年3月 明治大学政経学部経済学科卒業
1976年~95年 新日本製鐵㈱総合調査部在職中に鉄スクラップ需給調査を担当
1989年~95年 (社)日本鉄源協会調査研究委員会委員長に着任。この間、日本の鉄鋼蓄積量推計、加工屑発生実態査、鉄源流通量調査、アジア鉄源需給見通しなどを実施。
1995年~ ㈱日鉄技術情報センター・市場調査部
2000年4月 同 市場調査部長
2001年10月 「転換点に立つ日本の鉄リサイクル」著作
2004年4月 同 参与
2005年6月 「重要性増す鉄スクラップ」著作
2006年3月 ㈱日鉄技術情報センター退職
2006年7月 ㈱鉄リサイクリング・リサーチ設立